アイクリームでくまのない活力のある表情を

目元にくまがあると、活力のない表情に見えたり常に眠たそうなイメージを与えてしまいます。

 

厄介なくまを改善するにはアイクリームによる目元のケアが大切なので、そのケア方法を見ていきましょう。
(「アイクリーム くま」で検索するとたくさんのアイクリームが出てきて迷います)

くまには3種類あるので、それぞれに合ったアイクリームを選んで

一つは血液循環が上手くいかず、また現代人に多いタイプの青くま。

 

続いて、主に老化が原因で発生する黒くまとメイクによる肌への刺激が原因である茶くまです。

 

いずれも別々の原因で発生するため、アイクリームも個別の原因に合わせたものを選ばなければなりません。

 

基本的にアイクリームは、目元のトラブル全般に効果的なものを選ぶよりも、ピンポイントに効果的なアイクリームを選んだ方が確実性が高まります。

 

 

青くまの改善方法

 

まず青くまから改善していく場合、何よりも目元周りの血行改善効果を重視しなければなりません。

 

いわゆる疲れ目が原因であることが多く、モニターを見る仕事に就かれている方はアイクリームだけでなく、血行改善効果のあるサプリメントなども併用することをおすすめします。

 

そんな青くま対策ですが、おすすめのアイクリームはビタミンEが配合されているタイプです。

 

ビタミンEには血行改善効果が含まれており、まさに青くま対策として適役なアイクリームです。

 

 

黒くまの改善方法

 

黒くまの場合はアンチエイジングが大切です。

 

アンチエイジングで何より大切なのは保湿です。

 

潤いのある肌は肌ダメージを抑え、肌の劣化を遅らせる効果があるのです。

 

黒くまに悩まされている方は、保湿効果に特に力を入れているアイクリームを選んでみましょう。

 

 

茶くまの改善方法

 

茶くまに関しては、青くまや黒くまよりも外部からの刺激による影響が大きくなります。

 

目元は何かと擦りやすい箇所なので色素沈着しやすく、また紫外線の影響を受けやすい箇所でもあります。

 

そのため、日差しから目元を守ってくれるアイクリームを選び、なおかつ保湿力の高いものを探しましょう。

 

また、茶くまは色素沈着によるものなので、同時にシミなどが発生することも多々あります。

 

 

 

シミとくまが同時に発生すると実年齢より老けて見られやすいので、できれば予防の段階でアイクリームを使っておきましょう。

 

また、くまは色ごとに分けられるもののイマイチ見分けがつかないこともあるでしょう。

 

その場合は、目尻や頬を引っ張ってみると分かりやすくなります。

 

引っ張った時に目元がどの色に見えるのか判別しましょう。

 

 

 

くまができた原因をもとにアイクリームで対策を立てるため、これらの判別が非常に重要です。

 

ぜひ早めに準備をして、>アイクリームでくまを撃退しちゃいましょう!

 

更新履歴